適性検査を受けてからレーシック

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。



適性検査を受けてからレーシックブログ:18-2-22

人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「11時正午が近くなると腹が空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
あさAM9時ごろにあさ食を食べたら、
ほとんどの場合、腹は空いていないと思います。

しかし息子の頃からの生活習慣で
「正午になったら11時食」という風に教え込まれています。

だから、腹が空いていないにも関わらず、
正午になったら食事がしたくなるのです。

3:00のおやつもしかりです。

午後一時近くまで食事をしていたのなら、
午後3:00は食事後二時間程度しか経過していません。
二時間程度なら、さほど腹は空いていないはず…

でも、「3:00の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来は腹は空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際には腹が空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうなテンプラセットの看板を見る
・飲み会の後はとんこつラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、腹が空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

ダイエットをうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。