老眼治療もレーシックにお任せください

老眼鏡は「遠近両用メガネ」とも呼ばれているように、遠いところと近いところ両方見えるようにするためのメガネです。
モノビジョンレーシックというのは、それと同じ効果を手術をすることによって実現することが出来るのです。

 

モノビジョンレーシックを行うことで、貴方の生活環境が大きく変わることでしょう。
補助器具であるメガネもコンタクトレンズもいらない、自然体な裸眼生活は快適なものとなるハズです。最近一定の効果を期待することの出来る最新技術のレーシックが登場し、非常に注目を集めています。
モノビジョンレーシックと呼ばれているレーシックであり、遠くと近くがよく見える目を矯正することの出来るレーシックの種類です。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。



老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:18-10-30

みなさんは、
減量というと、
「ご飯制限」ということが
真っ先に思い浮かぶんじゃないでしょうか?

ご飯の回数を減らすとか、ご飯を抜く…といった、
過酷な減量をイメージする方も
少なくないのではないでしょうか。

ところが
普通に推奨されている減量では、
1日3食の規則正しいご飯を
求めている場合が多いんですよね。

もちろん一食一食あたりのご飯の量についても、
極端に少なくするという必要もありません。

減量中にこそ
規則正しくご飯する必要があるのには、
それなりの理由があります。

わたくしたちの肉体は、
しばらく栄養分が入ってこないと
「今、飢餓の状況下にある」と誤解をしてしまいます。

ご飯に含まれている栄養分が生きるために必要不可欠。
なので、
食べ物が入ってこないということに、
非常に敏感に作られているのです。

飢餓状態と判断した直後のご飯では、
とにかくできるだけ多くの栄養分を肉体の中に入れようとします。
次にいつ食べ物が入ってくるかわからないからです。

そのため、1日2食と3食とでは、
同じ量の食べ物を食べていても、
2食の方がより効率的にエネルギー摂取を行います。
結果、太りやすい肉体になってしまうわけです

ご飯抜きダイエットという方法が注目されがちですが…

わたくしたちの肉体の特性から考えると、
ご飯の回数を減らすダイエットというのは、
効果的ではないんですよね。

適量で規則正しいご飯のほうが、
減量には効果的なんです!

しっかり食べた方が、痩せやすい肉体になるんです!