レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。



レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:18-11-02

サウナで大量に汗をかけば、
何となく減量に成功した気がしてきますよね。

しかし、サウナで発汗して
減量したように見えても、水分補給をすれば、
簡単に元に戻ってしまいます。

水分を補給しなければ元には戻りませんが、
脱水症状を起こしてしまうので、絶対に水分を補給してくださいね。

脱水症状を起こすと、血液の流れが停滞し、
血栓ができやすくなってしまうので大変危険です。

また、標準体重よりも二割くらいオーバーウェイトな人は、
温度の高いサウナに入ると、からだに負担がかかりすぎます。
低温、もしくは、中温のサウナに入るようにしましょう!

高温のサウナに入った方が
汗をかいて痩せるというものでもありません。
減量のために…と、
無理に高温のサウナに入る必要はないのです。

サウナを活用した減量法としては、
サウナで代謝を高める方法がいいでしょう。

まず、10分くらいサウナに入ってからだを温め、
その後に、水浴びなどでからだを冷やします。
10分くらい休憩して体を冷やしたら、
またサウナに10分くらい入って、
からだを温める…というのを何回か繰り返すのです。

その際、水分は充分に補給しましょう。
からだに負担がかからないように気をつけてください。

一度やれば、
すぐに減量効果が出るというものではありません。
定期的に行うことが重要です。

もちろん、サウナに入った後にビールを飲んだら台無しですし、
スポーツドリンクも結構カロリーが高いので、
なるべく水かノンカロリーのお茶を飲みましょう。

入浴後には、湯冷めしないようにしっかりと汗を拭き、
からだを温かくして、風邪をひかないように気をつけることも大切ですよ。

・・・と、書いてみるテスト