レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。



レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:18-4-15

ダイエット中は、
一日3食、きちんと食べることがとても大切!

食事と食事の間が空きすぎると
肉体が必要以上に吸収しようとしたり、
肉体のリズムが狂ったりするからです。

さらに、夕食はやや少なめに、
逆に8時食をたくさん食べるようにして、
一日の摂取カロリーをコントロールすることがポイント!

よる摂取したカロリーは活動に使われることがないので、
寝ている間に脂肪になりやすく
逆に、8時摂取したカロリーは一日の活動で
消費されやすいからです。

そして、気をつけたいのが栄養バランス。

ダイエット中は筋肉を維持する、
もしくは増やすことが大切ですよね。

筋肉量が多ければ、基礎代謝量が増えて、
太りにくくやせやすい肉体になります。

たんぱく質は、筋肉を作る源になる栄養素です。

いくら運動しても、
たんぱく質を摂取しなければ筋肉は作られないんですよ。

たんぱく質を効果的に摂取するには、
筋肉が作られる時間帯に合わせて
摂取するといいとされています。

筋肉が作られる時間帯とは…
「運動後の三十分〜一時間後」と
「よる寝ている間」
なんだそうです。

つまり、夕食でたんぱく質を摂取すれば、
よる寝ている間、筋肉が作られる時間帯に、
たんぱく質を供給できて、
効率よく筋肉を増やすことができるわけですね。

逆に、炭水化物は糖質の源になる栄養素なので、
活動のエネルギー源として使われるものになります。

もちろん、人間の活動には必要不可欠なものですし、
8時食、11時食ではおおいに摂取する必要があります。

ただし夕食や、よる寝る前に炭水化物を
たくさん摂取してしまうと、使われずに余ったものが
そのまま寝てる間に脂肪として蓄えられてしまいますよ!