レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。



レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:18-8-14

シェイプアップと聞くと、
食事を制限することに重点を置きすぎる人が多いみたいですが…

確かにトレーニングを定期的にするということはしんどいですから、
食事を抜くことの方が、楽だと感じる気持ちもわからなくはありません。

ところがトレーニングをすれば、
何もしなくても、痩せる体質を作り出すことができるんですよ!

何もしなくても痩せられるのなら、
こっちの方がお得ではありませんか?

トレーニングをすることによって、体質には筋肉がつきます。
この筋肉、一種の大型外車のような感じなのです。
つまり、燃費がものすごく悪いんです!

ミーたちの体質の場合、燃費とはもちろんカロリーとなります。
筋肉の量によって、同じ動きをしただけでも、
使われるカロリーの量が違ってくるのです。

実際、食事制限をすると、
ミーたちの体質は今の状態を維持しようとして、
エネルギーをできるだけ使わないようにします。

このときに真っ先に切られるのが、不採算部門の筋肉なのです。
ですから、食事制限をして痩せるかもしれませんが、
これは筋肉をそぎ落としている結果ともいえます。

逆にトレーニングをしてシェイプアップをする場合、
なかなか筋肉を切ることができなくなります。
筋肉を使っているからです。
なので、消費カロリーのペースが落ちません。

しかも、ミーたちには「基礎代謝」というものがあります。

基礎代謝は
ミーたちが生きていくために消費しているエネルギーのことです。

当然、筋肉が多い人ほど基礎代謝が大きくなります。
つまり、寝ているときのエネルギーの消費量も
筋肉のある人の方が多くなるわけです。

トレーニングといっても激しいトレーニングをする必要はありません。
ストレッチなどの軽いトレーニングであっても、
筋肉を維持したり、増やしたりすることはできるからです。