なんと交通費を貰えるクリニックもある

なんと交通費を貰えるクリニックもある


なんと交通費を貰えるクリニックもある
全国各地にクリニックを展開している大手の眼科医院が交通費の補助制度を実施しています。
補助金が支給されることとなる条件や金額はほぼ一定となっているので、上手に利用していきましょう。

レーシックの交通費支給はクリニックの県以外のところから訪れることが条件となっていることが多くあります。
いくら遠方だったとしましてもクリニックがある県の場合におきましては、支給の対象外となることもあるのでご注意ください。レーシックを受ける患者さんの負担を少しでも和らげるためのサービスが最近では充実しています。
数あるクリニックの中には遠方から訪問される患者さんに対して交通費を補填してくれるクリニックもあるのです。 誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。




なんと交通費を貰えるクリニックもあるブログ:18-10-02

休日のファストフード店。
おいらは小学生の息子二人を連れて、ランチを取りました。

そのお店は買い上げ金額によってカードを受け取る事ができ、
カードの銀色部分をこすると、ポイントが出てきて、
その点数を集めて、好きなプレゼントと交換する…
というものでした。

おいらの息子達も、
そのプレゼントが大好きなのですが
欲しいプレゼントが別々な状況の中、
二人分のポイントは集まりませんでした。

どちらかひとつのプレゼントを選ばなければならない…

どうするかは二人に任せました。
でも、結局、けんかみたいになってしまい、
今回は弟が我慢することに…

弟はお兄さんと口もきかず半泣きに…

その場は「困ったなぁ」と思いつつも
おいらは静観していました。

しばらくして、
隣の席の女性が席を立つ時に、
「これ、良かったら使って」と
何点かのポイントを譲って下さいました。

そのポイントは、不足分を補うには十分でした。
息子達の喜んだこと!

そのときおいらは息子達にこんなことを話していました。
「今のおばちゃん、天使だよねー。おいら達を助けてくれたよね。
あのおばちゃんにはきっと、いい事があるよ。
おいら達も他の人に喜ばれることをすると、いい事があるかもね。」

息子達は
それぞれお目当てのプレゼントを手に入れ、
さらに余ったポイントを笑顔で
「これ、誰かにあげて来る!」と走り出しました。

見知らぬ人に声をかけるのはためらっていましたが、
何とか声を出す事ができました。

それがその人に喜ばれたかどうかは分かりませんが、
「知らない人が、助けてくれたから嬉しかった」
という記憶は残ったようです。

次につなげていければ…と
おいらは思います。
なんと交通費を貰えるクリニックもある

なんと交通費を貰えるクリニックもある

★メニュー

レーシックには保証制度もある
老眼治療もレーシックにお任せください
レーシック後の視力維持は本人次第
レーシックにおけるリスクを理解しよう
乱視の悩みはレーシックで解決
適性検査を受けてからレーシック
レーシック選びに口コミサイトを活用
なんと交通費を貰えるクリニックもある
レーシックの紹介制度を有効活用
レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックという視力回復術公開